大人の大学
☆もう一度、勉強してみませんか?☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無知からは何も生まれない
やればできる。いつかすごいアイデアを思いつく。何も知らないからこそ、常識にとらわれない斬新なアイデアを生み出せる。

そんな希望的観測を、勉強をサボる言い訳にしている人、意外と多いのではないでしょうか。

確かに知識があることが斬新なアイデアの創出を阻むことはあります。その分野の常識にとらわれて、過去の延長でしかアイデアが出ないこともあるでしょう。

しかし、知識がなければ、そもそも何が斬新なアイデアなのか判断できません。多くの場合、新しいと思っているのは自分だけ、ということになります。

さらに、新しいアイデアは既存の知識の新しい組み合わせです。ゼロからは何も生まれません。つまり、無知からは何も生まれないということです。

今は無駄に思える知識でも、それが後々、別の知識と組み合わさったときに、思わぬ化学反応を起こす可能性もあります。

そう考えると、無駄な知識なんてないのかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ:学習 - ジャンル:学校・教育

フェイントと保険のセールス
サッカーやバスケット、ボクシングなど、多くのスポーツにおいて「フェイント」が使われています。

(シュートやパンチを)打つと見せかけて、相手が反応してできた隙を狙うというやつですね。

当たり前ですが、このフェイントを効果的に使うためには、「本当に打ってくる」と相手に思わせることが重要です。

フェイントだとバレていたら意味がないですから・・・

そのためには表情や動きなどで、いかにも打ってきそうな雰囲気を作る必要があります。

また、打たれた時の被害が大きいと相手が認識していれば、さらに引っかかりやすくなるでしょう。

本当に打たれるかどうか分からないけども、打たれて大打撃をくらうくらいならとりあえず防御しておこうと思うはずです。

したがって、フェイントに引っかかる確率は・・・

(実際に打ってくる確率)×(打たれた時の被害の大きさ)

によって決まるとでも言えるでしょうか。

ただしここで重要なのは、これら2つの要因は打たれる側が主観的に判断するということです。

ですからフェイントする側としては、実際に打つかどうか、被害が大きいかどうかは別として、何らかの対応をしなければ、かなり高い確率で大きな被害を受けると“思わせれば”いいんですね。

つまり、何とかして相手に「脅威」を感じさせることができれば、相手はそれに備えたアクションを示してくれるはずです。

そう、保険のセールスと同じですね。

実際に事故や病気が発生するかどうかは別として、様々な数字を示して発生する確率が高いと認識させ、発生した場合の被害の大きさを強調する。

それによって相手に「脅威」を感じさせることによって、保険への加入を提案する・・・なんて言ったら怒られるかな。

blogランキングへ

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

心を動かす条件とは
突然ですが、異性のパートナーを選ぶ上で、みなさんが重視する条件を5つ挙げてみてください。

よろしいですか?

では、それらの条件を完璧に満たした理想の人が目の前に2人現れたとします。5つの条件に関しては全くの互角です。

さて、どちらかを選ばなければならないとしたら、みなさんは何で選びますか?


実は、最後の6つ目の条件が、みなさんが異性を選ぶ上で最も重視している条件、すなわち本当に心を動かされる条件だそうです。

では、先の5つの条件は何を表しているのでしょうか。おそらくそれらは恋に落ちる上での前提となる条件なのでしょう。

すなわち、それらの条件は満たされていないとマイナスだけど、満たしているからといって恋に落ちるわけではないということかもしれません。

たとえば、清潔感がないのは嫌だけど、清潔感があるからといって好きにはならない、といった感じでしょうか。

これと似たようなことが会社の中でも見られます。それは、社員が何によってやる気を出すかという問題。

会社は社員のやる気を引き出すためにいろんな条件を用意します。しかし社員から見ると、それらの条件は2種類に分けられます。

つまり、①本当にやる気を高める条件と、②無ければやる気は低下するが、あるからといってやる気が出るわけではない条件です。

まず②から説明すると、これは「衛生要因」と呼ばれるもので、給料や雇用の安定、職場の環境、福利厚生といったものが挙げられています。

これらの条件に対して不満を持つと社員はやる気を失ってしまうものの、これらの条件に満足しているからといってやる気が高まるわけではないということです。

それに対して①は「動機付け要因」と呼ばれるもので、一般的にはその代表的なものとして「仕事自体」が挙げられています。

社員のやる気は仕事自体に対する満足から生じる。つまり、やりがいのある仕事、達成感を得られる仕事、自分自身が成長できる仕事を与えられれば、やる気を出すということです。

もちろん、人にはそれぞれの価値観がありますから、仕事に求めるものは違うでしょうし、仕事自体に満足することでやる気が高まるとは限りません。

しかし、「本当にいい人なんだけど・・・」と言われる人が世の中にたくさんいるように、会社が「衛生要因」だけをいくら揃えても社員の心を動かせないというのは確かでしょう。

社員の心を動かす「動機付け要因」は何なのか、改めて考えてみることが必要かもしれませんね。

blogランキングへ

テーマ:リーダーシップ - ジャンル:ビジネス

copyright © 2005 大人の大学 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。