大人の大学
☆もう一度、勉強してみませんか?☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
理想の上司って
みなさんは自分の上司に満足していますか?上司のどんな所が不満ですか?

仕事ができない?要求が理不尽?部下の気持ちが分からない?目がいやらしい?臭い?

世の中にはいろんなタイプの上司がいると思いますが、昔から「仕事」と「人」という2つの側面がリーダーシップの要素として挙げられてきました。

その代表的なものとしてよく紹介されるのが、「PM理論」。

この理論はリーダーの能力を「Performance(目標達成能力)」と「Maintenance(集団維持能力)」とに分けて、その組み合わせによってリーダーのタイプを分類しています。

ちなみに目標達成能力(P)とは、目標を設定し、計画を立案し、部下に指示することによって目標を達成する能力。「仕事」に関する能力です。

集団維持能力(M)とは、人間関係に配慮し、うまく集団をまとめる能力。「人」に関する能力ですね。

PM理論では「P」「p」「M」「m」と、各能力の高低を大文字と小文字で表し、「PM型」「Pm型」「pM型」「pm型」の4タイプのリーダーが想定されています。

「PM型」は言うまでもなく理想的なタイプです。仕事もでき、人としても信頼される上司でしょう。

「Pm型」は仕事はできるけども部下をまとめるのは不得意というタイプ。できる上司だけど人望はないという感じですね。

それと対照的なのが「pM型」。仕事はできないけども人間関係のマネジメントに長けていて、部下に好かれるタイプでしょうか。

そして最後の「pm型」は、何もできないダメ上司ということになりますね。でも、年齢順にとりあえず管理職に昇進させてきた日本企業では、意外と多いかもしれません。

もちろん、求められるリーダーのタイプは仕事の種類や部下のタイプ、さらには会社の成長段階によっても異なりますから、一概にどれがいいとは言えません。

ただ、少なくとも「pm型」の上司の下で働くのはちょっと遠慮したいですね・・・

よかったらみなさんも、自分の上司がどのタイプなのか考えてみてください。

上司のみなさんは、自分がどのタイプで何が足りないのか、一度客観的に考えてみてはいかがでしょうか。

blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:経営学 - ジャンル:ビジネス

ネットワーク外部性
みなさんは、他の人が持っているものは自分も手に入れないと気がすまないというタイプですか?

それとも、他の人が持っていないものこそ手に入れたいというタイプですか?

おそらく両方とも手に入れたいというワガママな方が多いかもしれませんね・・・

商品やサービスには、高級品や限定品のように他の人が持っていると価値が低下するものがあります。クレジットカードの中でもプラチナカードやブラックカードのように、持っていること自体がステータスになるようなものですね。

しかし一方で、自分以外にも多くの人が使っていることによって初めて高い価値を持つ商品やサービスもあります。

多くの人が使うことによって価値が高まる、つまりユーザー数が増加すればするほど得られる便益が大きくなることを、経済学では「ネットワーク外部性」と呼びます。

これは、電話やFAX、インターネット、ミクシィなどのSNS、オンラインゲーム、カードゲーム、ファイル交換ソフトなど、広く普及する商品・サービスに見られる特徴です。

自分だけFAXを持っていても意味がないですし、ミクシィを1人でやっても寂しいだけ・・・

ですから、これらのサービスにおいては他の多くの人が使っているということが、新たなユーザーを呼び込むカギになります。

しかし逆に言うと、こういった特徴を持つサービスにおいては、一定規模のユーザー数(クリティカルマス)をなんとか獲得すれば、何もしなくても勝手にユーザーが増えていきます。

「ネットワーク外部性」は古くから見られる現象ですが、希薄になった人間関係を補完しようと様々な形でのコミュニケーションが求められている現代こそ、新しいビジネスのヒントになりそうな気もします。

また、情報通信技術も発達し続けており、ユーザー間の相互作用から生み出される価値にはまだまだ大きな可能性があるように思えます。

ただし、ユーザー数を確保するためにはユーザーからあまりお金を取るわけにはいかないため、どこからどのように収益を獲得するかがポイントにはなりますね。

たまにはちょっと気分を変えて、みなさんも何かビジネスを考えてみてはいかがでしょうか。

blogランキングへ

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

簡単に捨てられないために
「付き合ってもすぐに捨てられる」 「他の女(男)に取られてしまう」
「顧客が定着しない」 「他社製品に簡単に乗り換えられてしまう」

なんとなく似てますよ・・・ね。てことで、今回も無理を承知で“強引”に恋愛と経営を結びつけて説明します。

さて、すぐに乗り換えられるなんて言うと、なんだか人間って簡単に新しいものに飛びついてしまうように聞こえますね。

でも、離婚は結婚よりも何倍もエネルギーを使うと言うように、普通は別れたり乗り換えたりするのって結構大変です。

では、人が乗り換えたくないと考えるのは、どういう時でしょうか。それは、乗り換えるために必要なエネルギー、すなわちコストが高い時です。これを「スイッチング・コスト」と言います。

コストというのは「お金」だけではありません。

たとえば、顧客がある製品を何度も何度もカスタマイズして自分仕様にしている場合などは、それまでに要した「時間」や「手間」そして「愛着」というのが、他の製品に乗り換える際のスイッチング・コストとなります。

ちなみに私は10年以上はいているジーンズを捨てられません。穴だらけなので「捨てれば?」なんて言われるのですが、シワや色落ちの具合が自分の体にピッタリ合っていて、手放せなくなってしまいました。

これを「特殊性(specificity)」とも呼びます。つまり、他で使おうとするとたいした価値を持たないものの、当事者にとってはスゴイ価値を持っているという意味です。

自分が使いやすいようにカスタマイズした製品は、他人にとっては使いにくくて仕方ないですが、自分にとっては相当便利で、簡単には手放せないはずです。

先のジーンズも私以外の人にとっては単に汚いジーンズですし、残念ながら親世代になんか絶対理解されません・・・まぁ、それは別にいいんですが、つまり特殊だということです。

そこで、よく乗り換えられる方、ためしに彼(彼女)と特殊な関係を築いてみてはいかがでしょうか。たとえば、2人の間では異常に楽しめるけど、他の人にはなかなか理解されない変な(特殊な)趣味を探すとか・・・

彼(彼女)があなた以外にその変な趣味を理解してくれそうな人を見つけ、実際にそれを理解してもらい、さらに一緒に楽しめるようになるためには、相当の時間と手間、すなわちコストが必要になります。

そうなれば、彼(彼女)も少々の誘惑には負けなくなってくれるかもしれませんね。ただ、彼(彼女)が気を使って無理にその変な趣味に合わせてくれている可能性もありますので、そこは慎重に判断してください。

blogランキングへ

テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

できる社員はサボるのもうまい?
「君、最近ちょっとたるんどるんじゃないかね!」なんて上司に怒られたことのある方。程度にもよりますが、それは必ずしも悪いことではないかもしれません。

「たるみ」や「ゆるみ」を英語では「スラック(Slack)」と言います。なんとなく良くない言葉のようにも聞こえますが、経営学でスラックは逆に必要なものとされています。

経営学におけるスラックとは、余剰資源を意味します。資源とはヒト、モノ、カネ、そして情報です。それらがすべてフル活用されている状態が、スラックのない状態、言い換えれば、まったく無駄のない経営ですね。

しかし、企業を取り巻く環境は激しく変化します。今やっているビジネスが明日通用する保証はありませんし、その時にある程度のスラック、つまり余裕がないとその変化には対応できません。

次々にヒット商品を出すことで有名な3Mという会社は、将来を見据えて「余裕」を持った経営をしている代表的な会社です。ポストイット(付箋)の会社ですね。

この会社には「15%ルール」というのがあり、就業時間の15%は今やっている仕事以外の目的で使っていいことになっています。仕事とはまったく関係のない趣味に費やしてもいいそうです。

その15%の時間に生まれたアイデアは、現在のビジネスとは関係のないものかもしれません。しかし、将来のビジネスへと結びついていく可能性があるということですね。

まさに「余裕」です。ヒトという貴重な資源を現在のビジネスにフル活用するのではなく、あえて「たるみ/ゆるみ」の時間を与えることによって、将来の可能性を探っているんですね。

企業においてスラックは、将来の柔軟な戦略を支えたり、想定外のショックを和らげる緩衝材になったりします。

人間もどこかに余裕を持っていないと、視野が狭くなったり、ちょっとしたことでイライラしたりしますよね。ある程度の余裕を持って仕事ができれば、会社も自分自身も幸せかもしれません。

ただ、「たるんどる!」と叱られるほど余裕を持ってしまうと、ショックを和らげる緩衝材候補、つまりリストラ候補になってしまう可能性もあります。

サボるならうまーくサボってくださいね。

blogランキングへ

テーマ:仕事の現場 - ジャンル:ビジネス

copyright © 2005 大人の大学 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。