大人の大学
☆もう一度、勉強してみませんか?☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心を動かす条件とは
突然ですが、異性のパートナーを選ぶ上で、みなさんが重視する条件を5つ挙げてみてください。

よろしいですか?

では、それらの条件を完璧に満たした理想の人が目の前に2人現れたとします。5つの条件に関しては全くの互角です。

さて、どちらかを選ばなければならないとしたら、みなさんは何で選びますか?


実は、最後の6つ目の条件が、みなさんが異性を選ぶ上で最も重視している条件、すなわち本当に心を動かされる条件だそうです。

では、先の5つの条件は何を表しているのでしょうか。おそらくそれらは恋に落ちる上での前提となる条件なのでしょう。

すなわち、それらの条件は満たされていないとマイナスだけど、満たしているからといって恋に落ちるわけではないということかもしれません。

たとえば、清潔感がないのは嫌だけど、清潔感があるからといって好きにはならない、といった感じでしょうか。

これと似たようなことが会社の中でも見られます。それは、社員が何によってやる気を出すかという問題。

会社は社員のやる気を引き出すためにいろんな条件を用意します。しかし社員から見ると、それらの条件は2種類に分けられます。

つまり、①本当にやる気を高める条件と、②無ければやる気は低下するが、あるからといってやる気が出るわけではない条件です。

まず②から説明すると、これは「衛生要因」と呼ばれるもので、給料や雇用の安定、職場の環境、福利厚生といったものが挙げられています。

これらの条件に対して不満を持つと社員はやる気を失ってしまうものの、これらの条件に満足しているからといってやる気が高まるわけではないということです。

それに対して①は「動機付け要因」と呼ばれるもので、一般的にはその代表的なものとして「仕事自体」が挙げられています。

社員のやる気は仕事自体に対する満足から生じる。つまり、やりがいのある仕事、達成感を得られる仕事、自分自身が成長できる仕事を与えられれば、やる気を出すということです。

もちろん、人にはそれぞれの価値観がありますから、仕事に求めるものは違うでしょうし、仕事自体に満足することでやる気が高まるとは限りません。

しかし、「本当にいい人なんだけど・・・」と言われる人が世の中にたくさんいるように、会社が「衛生要因」だけをいくら揃えても社員の心を動かせないというのは確かでしょう。

社員の心を動かす「動機付け要因」は何なのか、改めて考えてみることが必要かもしれませんね。

blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:リーダーシップ - ジャンル:ビジネス

ネットで買えないもの
最近はインターネットで何でも買えるようになりました。実際に私もネットで買い物をする機会が多くなっています。

しかし、インターネットで衣類や美術品を買ったことのある人は少ないのではないでしょうか。

さて、その理由は?


どんな商品でも、多くの場合、売り手は買い手よりもその商品の本当の価値を知っています。これを、売り手と買い手の間に『情報の非対称性』がある、といいます。

したがって、買い手が何かの商品を買う際には、一定のリスクが伴うこととなります。買ってみたけど期待外れだった・・・という可能性ですね。

このリスクを減らすために、買い手はさまざまな情報を集めます。一番確実なのが、手にとって触ってみる、もしくは試してみるということ。

しかし、ネットでは当然ながら実物を直接触ったり試したりすることはできません。したがって、衣服や美術品のように文字や画像から価値を判断しにくい商品は、リスクが高くてネットではなかなか買えないということになりますね。

では、本はどうでしょうか?本は読んでみないと面白いかどうか分かりません。ですから、ネットで買うのはリスクが高いはず。

なのに『アマゾン』は大儲けしています。なぜでしょうか?それは、情報の非対称性を解消する仕組みを作っているからかもしれません。そう、読者レビューですね。

実際に読んだ人の感想というのは、買い手側の意見として、本屋で立ち読みするよりも貴重な情報を提供してくれる可能性があります。

アマゾンで本を買った人がレビューを書く。それを読むことで情報の非対称性が解消されて他の人も買う。そしてレビューを書く・・・ショッピングサイトとしてのアマゾンの価値がどんどん高くなっていきますね。

いずれにしても、ネットで商品を売るためには、ただ単に並べるだけでなく、情報の非対称性を解消してあげることが必要です。

私がたまに見ている『BEYES』というサイトがありますが、ここは置いている商品のセンスが良いだけでなく、商品の情報が豊富で、さらに自由に拡大して生地の質感まで見ることができます。(ちょっと高いですが・・・)

というか、情報の非対称性は常にいろんな所に存在していますから、それを解消してあげること自体がビジネスになりますね。

価格コム』などはその典型ですし、『雑誌』というのも情報の非対称性を解消するビジネスかもしれません。

解消されていない情報の非対称性、みなさんも探してみてください。

blogランキングへ

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

copyright © 2005 大人の大学 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。