大人の大学
☆もう一度、勉強してみませんか?☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学へ行くことのコスト
講義をしてると、真面目に聞いてくれる学生、最初から聞く気なしで寝てる学生など、いろいろいますが、ひとつ質問&小言を。

大学に行くことのコストっていくらでしょうか?

入学金や授業料、家賃、食費、教科書代など、当然必要なコスト、実際に支払うコストがあります。4年間で大学に払うのが500万、家賃や食費等で500万としましょう。

これで合計1000万。多くの場合、親が負担するコストですね(大変)。でも、経済学的に考えると他にもコストがあります。それが「機会コスト」。

機会コストとは、何かを選択することによって諦めたものから得られるはずだった便益(機会)を、コストとして認識しようというものです。

大学に行くことによって失ったものは何かということ。大学に4年間行かなければ、4年間働くことができたと考えましょう。そこから年間350万、合わせて1400万の収入が得られたかもしれません。

つまり、大学に行くことによって1400万の収入や、4年間の実務経験を得る機会を失ったということです。それをコストとして認識すると、大学に行くことのコストは合計2400万+アルファということになります。

4年間の学生生活から2400万以上の価値がある知識や経験、友人、将来の可能性など、遊びも含めていろんな便益を獲得できるのであれば、大学に行く価値がある。逆に何もせずにボケーっと過ごすなら2400万を捨てているのと同じですね。

機会コストは親というよりも大学生自身が意識すべきコストです。せっかくですから、勉強も遊びも頑張ってみてはいかがでしょうか?

blogランキングへ

テーマ:学校教育ってなんだ? - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 大人の大学 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。