大人の大学
☆もう一度、勉強してみませんか?☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョコに対する意識の違い
バレンタインデーにチョコを贈り、ホワイトデーのお返しを楽しみに待っている女性も多いかと思います。でも、あまり期待しない方がいいかもしれません・・・

その理由を示すものとして、今回は15年程前に行われたある実験を紹介します。

その実験では、まず被験者に対してマグカップとキャンディーのどちらか好きな方を選んでもらったところ、ほぼ半分の被験者がマグカップを選び、残りの半分がキャンディーを選びました。

この結果から、マグカップとキャンディーの価値はほぼ同じだと仮定します。

次に、好みとは関係なく半分の被験者に対してマグカップを、残りの半分にはキャンディーを与え、その後それらを被験者間で自由に交換しても良いと伝えました。

キャンディーを与えられたけどマグカップが欲しい人と、マグカップを与えられたけどキャンディーが欲しい人との間で交換が行われるはずですね。

しかしその実験では予想とは異なり、ほとんどの被験者が交換を行いませんでした。これはなぜでしょうか?

人間というのは、与えられるものの価値(利得)よりも、失うものの価値(損失)の方を相対的に高く評価する傾向があります。

キャンディーを貰うことによって得られる価値(利得)よりも、マグカップを失うことで減少する価値(損失)の方を相対的に高く評価してしまうため、取引が行われなかったということです。

これを意思決定論などでは「損失忌避(loss aversion)」などと呼びますが、人間と人間の間では経済学が予想するほど単純に取引は行われないということを示しています。

さて、この「損失忌避」の考え方を参考にすると、贈ったチョコに対して女性が認識している価値の高さほど、貰ったチョコに対して男性は高い価値を感じていないということになります。(いや、私は別ですけどね・・・)

男性は貰ったチョコに対して自分が感じている価値を基準にお返しを選び、女性は贈ったチョコに対して自分が感じている価値を基準にお返しを期待する。

さらに、お返しに対して感じる価値も、贈る側の男性と受け取る側の女性で異なってしまう。その結果、女性は「期待外れ」と感じてしまうのかもしれません。

にもかかわらず、贈ったチョコの価値を大きく上回るお返しを貰ったとしたら・・・上乗せした分の価値をその夜にでも取り返せるかもしれない、なんて期待されている可能性が高いですね。

そうなりそうな女性のみなさん、今のうちにうまい断り方を考えておいてください。

blogランキングへ

テーマ:これ欲しいかも~♪ - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
なるほど自分がお返ししない理由がわかりました。(笑) 特に妻には・・・
2006/02/24 (金) 09:28:37 | URL | monobaka #-[ 編集]
今年は突然お返ししてみてはいかがでしょうか。期待がなければ「期待外れ」もないでしょうから、ちょっとしたことで喜んでもらえるかも?
2006/02/24 (金) 11:54:46 | URL | K. I. #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 大人の大学 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。