大人の大学
☆もう一度、勉強してみませんか?☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
簡単に捨てられないために
「付き合ってもすぐに捨てられる」 「他の女(男)に取られてしまう」
「顧客が定着しない」 「他社製品に簡単に乗り換えられてしまう」

なんとなく似てますよ・・・ね。てことで、今回も無理を承知で“強引”に恋愛と経営を結びつけて説明します。

さて、すぐに乗り換えられるなんて言うと、なんだか人間って簡単に新しいものに飛びついてしまうように聞こえますね。

でも、離婚は結婚よりも何倍もエネルギーを使うと言うように、普通は別れたり乗り換えたりするのって結構大変です。

では、人が乗り換えたくないと考えるのは、どういう時でしょうか。それは、乗り換えるために必要なエネルギー、すなわちコストが高い時です。これを「スイッチング・コスト」と言います。

コストというのは「お金」だけではありません。

たとえば、顧客がある製品を何度も何度もカスタマイズして自分仕様にしている場合などは、それまでに要した「時間」や「手間」そして「愛着」というのが、他の製品に乗り換える際のスイッチング・コストとなります。

ちなみに私は10年以上はいているジーンズを捨てられません。穴だらけなので「捨てれば?」なんて言われるのですが、シワや色落ちの具合が自分の体にピッタリ合っていて、手放せなくなってしまいました。

これを「特殊性(specificity)」とも呼びます。つまり、他で使おうとするとたいした価値を持たないものの、当事者にとってはスゴイ価値を持っているという意味です。

自分が使いやすいようにカスタマイズした製品は、他人にとっては使いにくくて仕方ないですが、自分にとっては相当便利で、簡単には手放せないはずです。

先のジーンズも私以外の人にとっては単に汚いジーンズですし、残念ながら親世代になんか絶対理解されません・・・まぁ、それは別にいいんですが、つまり特殊だということです。

そこで、よく乗り換えられる方、ためしに彼(彼女)と特殊な関係を築いてみてはいかがでしょうか。たとえば、2人の間では異常に楽しめるけど、他の人にはなかなか理解されない変な(特殊な)趣味を探すとか・・・

彼(彼女)があなた以外にその変な趣味を理解してくれそうな人を見つけ、実際にそれを理解してもらい、さらに一緒に楽しめるようになるためには、相当の時間と手間、すなわちコストが必要になります。

そうなれば、彼(彼女)も少々の誘惑には負けなくなってくれるかもしれませんね。ただ、彼(彼女)が気を使って無理にその変な趣味に合わせてくれている可能性もありますので、そこは慎重に判断してください。

blogランキングへ

テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
なるほど
特殊性ですね。これはキーワードですねー! 勉強になります。

これは社員を辞めさせないためにも使えますね。特殊な会社を一緒に作っていけばいいかも。
2006/03/10 (金) 09:10:18 | URL | monobaka #-[ 編集]
最近は出戻りの社員を歓迎する会社も増えているみたいですが、それほど自社に自信があるということかもしれませんね。
2006/03/11 (土) 08:23:51 | URL | K. I. #-[ 編集]
採用段階
採用段階で、良い人材を選び抜き、
特殊な会社を一緒に作り上げつつ育てていくのも良い方法だと思いますよ。
2006/03/12 (日) 15:10:15 | URL | OPP #-[ 編集]
確かに採用段階での人選も重要そうですね。経験が豊富な一方で、それまでの自分のやり方に固執するような人材は、即戦力として使えたとしても、地道に特殊性を築いていこうとする会社には向かないかも?
2006/03/13 (月) 11:08:56 | URL | K. I. #-[ 編集]
うつり気
私も言われてみれば・・・・。
特に女性はその辺の損得(移動エネルギーも含めて)を感じて選ぶ人が多いのではないでしょうか?
ただ、あくまでもフィーリングで。
もし、そのなぞが解明できれば、新しいビジネスが立ち上げられそうではないですか?!?!
2006/03/13 (月) 21:10:11 | URL | のんたん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 大人の大学 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。