大人の大学
☆もう一度、勉強してみませんか?☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グレシャムの法則
みなさん、5年後、10年後の目標は何ですか?

今日やったこと、明日やることは、その目標を達成するために意味のあることですか?

「グレシャムの法則」というのは、質の悪い(純度の低い)貨幣と質の良い(純度の高い)貨幣が同時に存在すると、人々は質の悪い貨幣だけを使い、質の良い貨幣は使わずにしまっておくというものです。

それによって貨幣の流通が阻害され、経済に悪影響が及ぶということなのですが、有名なサイモンという経済学者が、この法則を組織に当てはめました。

組織には日々発生する「日常的な業務」と、もっと重要な「長期的目標」があります。でも「日常的な作業」に没頭していると、いつの間にか長期的な目標はファイルに綴じられたまま引き出しの奥の方で忘れ去られてしまいます。

その結果、いつの間にか時代の変化に取り残されて、気づいた時にはもう遅い、ということになりかねません。

つまり、「毎日毎日いつもと同じように目の前の仕事を片付けることに一生懸命になっている人は、長期的な展望や創造的な思考ができなくなる」というのです。

はい、確かに私は明日の講義の準備でいっぱいいっぱいです。それが終わったら次の講義のネタも考えなければなりません。はぁ。

みなさんはどうですか?

blogランキングへ

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
はじめまして。ランキングからお邪魔させていただいてます。
やさしくおもしろいブログですね!リンクさせていただいても良いですか?

グレシャムの法則、私の働いている学校にもあてはまります。 そして、私の人生にも当てはまっています・・・目の前のことばかりに気をとられて、自分の人生を長い目で見つめた目標がまさに忘れ去られるところでした。 はっとさせられた記事です。
2006/04/22 (土) 01:18:43 | URL | ジュディー #-[ 編集]
はじめまして。コメントありがとうございます。是非相互リンクでお願いできればと思います。

長い目で見るって、難しいですよね・・・私も自分でこの記事を書いておきながら、いつも目の前のことでいっぱいいっぱいです。
2006/04/22 (土) 10:30:18 | URL | K. I. #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
目の前の忙しさから、中・長期的な展望を見出せないという現象は、経済用語でグレシャ
2006/02/26(日) 18:30:32 | 縁側の the self
copyright © 2005 大人の大学 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。