大人の大学
☆もう一度、勉強してみませんか?☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットで買えないもの
最近はインターネットで何でも買えるようになりました。実際に私もネットで買い物をする機会が多くなっています。

しかし、インターネットで衣類や美術品を買ったことのある人は少ないのではないでしょうか。

さて、その理由は?


どんな商品でも、多くの場合、売り手は買い手よりもその商品の本当の価値を知っています。これを、売り手と買い手の間に『情報の非対称性』がある、といいます。

したがって、買い手が何かの商品を買う際には、一定のリスクが伴うこととなります。買ってみたけど期待外れだった・・・という可能性ですね。

このリスクを減らすために、買い手はさまざまな情報を集めます。一番確実なのが、手にとって触ってみる、もしくは試してみるということ。

しかし、ネットでは当然ながら実物を直接触ったり試したりすることはできません。したがって、衣服や美術品のように文字や画像から価値を判断しにくい商品は、リスクが高くてネットではなかなか買えないということになりますね。

では、本はどうでしょうか?本は読んでみないと面白いかどうか分かりません。ですから、ネットで買うのはリスクが高いはず。

なのに『アマゾン』は大儲けしています。なぜでしょうか?それは、情報の非対称性を解消する仕組みを作っているからかもしれません。そう、読者レビューですね。

実際に読んだ人の感想というのは、買い手側の意見として、本屋で立ち読みするよりも貴重な情報を提供してくれる可能性があります。

アマゾンで本を買った人がレビューを書く。それを読むことで情報の非対称性が解消されて他の人も買う。そしてレビューを書く・・・ショッピングサイトとしてのアマゾンの価値がどんどん高くなっていきますね。

いずれにしても、ネットで商品を売るためには、ただ単に並べるだけでなく、情報の非対称性を解消してあげることが必要です。

私がたまに見ている『BEYES』というサイトがありますが、ここは置いている商品のセンスが良いだけでなく、商品の情報が豊富で、さらに自由に拡大して生地の質感まで見ることができます。(ちょっと高いですが・・・)

というか、情報の非対称性は常にいろんな所に存在していますから、それを解消してあげること自体がビジネスになりますね。

価格コム』などはその典型ですし、『雑誌』というのも情報の非対称性を解消するビジネスかもしれません。

解消されていない情報の非対称性、みなさんも探してみてください。

blogランキングへ

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
HPでの情報非対称性の解消
「お気軽にご相談下さい」ではなく、
事前に疑問を解決出来るよう、料金表やFAQなどをきちんと整備することが大切ということですかね。

2006/06/15 (木) 12:25:41 | URL | Yoshizawa Accounting Office #-[ 編集]
はじめまして、Nickです。

この間呼んだ『マーケティングの心理学』という本の中で『情報の非対称性』ということが出てました。

確かにそうですね。私は会社を経営しておりWebサイトもありますが、体験談が少ないと思っていました。

早く対処したいと思います。
2006/06/15 (木) 14:10:35 | URL | Nick #-[ 編集]
Yoshizawaさん

結局はどれだけ不安を解消してあげられるか・・・という当たり前の話ですが、サービスの特殊性が高いほど情報の非対称性も大きいでしょうから、余計に重要になるかもしれませんね。
2006/06/16 (金) 19:04:15 | URL | #-[ 編集]
Nickさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

webサイトの場合は、情報量が少なすぎると必要なことが伝わらないし、多すぎると情報が拡散して大事なことが伝わらない・・・難しそうですねぇ。
2006/06/16 (金) 19:13:52 | URL | #-[ 編集]
その有益な情報だけ取られて、実際購入するのは他の安いサイトから、という問題をどう解消するかが課題でしょうね。
2006/07/06 (木) 21:44:38 | URL | デザインUSA #-[ 編集]
デザインUSAさん

確かに・・・どこででも買えるもので、かつどこで買っても品質が変わらないもの(コモディティ)は、結局価格勝負になってしまうんでしょうね。

価格比較サイトの登場で一気にその動きが加速しましたが、売り手にとっては悩ましい問題ですね。思い切って価格競争に乗るのか、それとも何か付加価値を売りにするのか・・・んー、難しい。
2006/07/07 (金) 21:19:33 | URL | K. I. #-[ 編集]
ネットで買えないものについて
はじめまして。LAビジネスウォッチャーズのFiggaと申します。「大人の大学」楽しく読ませていただいております。たしかに、アマゾンは実にあれこれと、消費者のニーズを満たすための戦略的な仕組みを駆使していますね。ちなみに私がすごいなと思ったのは、衣類のリテーラーが提供するサービスで、自分の写真と商品をウェブ情で重ねて、仮想の“試着”を体験できるというものです。このサービス、ウチのオフィスでも結構話題になりました。
2006/07/15 (土) 07:53:55 | URL | LAビジネスウォッチャーズ #eu8NJOOo[ 編集]
はじめまして
Figgaさん

へぇ、それは面白そうなサービスですねぇ。ちゃんとサイズとかフィットするようになってるんでしょうか・・・あ、眼鏡とかだと結構いけそう。
2006/07/23 (日) 10:37:50 | URL | K. I. #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 大人の大学 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。